ENTRY

ゼネットの新たな取り組み

new-approach
ゼネットは新たな取り組みとして以下の活動を行っています。

1.新技術導入

 ゼネットでは、「現状に甘んじることなく新しいことに積極的に取り組み生み出す創造的な企業を目指す」という経営方針のもと、常に新しいことにチャレンジしています。


■AWSを活用した開発・構築

今、話題となっているクラウドサービスAWSをご存じですか?
ゼネットではAWSが日本上陸をした2011年から自社製品などで活用していました。
今ではAWS認定資格保有者が多数在席し、2021年にはAWS partner network select Consulting Partner に認定 されAWS関連案件も年々増加しています。

AWS関連案件への参画だけではなく、ゼネットではAWS認定資格取得のためのセミナーを実施するなど自社のノウハウをAWSに 興味のあるお客様へ展開しています。
AWS認定資格である【AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト】は取得したい資格ランキングで1位を獲得するなど現在 大注目中の資格です。

■Ruby先進企業

Rubyは、シンプルさと高い生産性を備えたプログラミング言語です。
皆さんが利用したことのあるような有名なWEBサービス開発で多く採用されているRubyやRubyonRailsですが、 ゼネットは日本で7番目のRubyアソシエーション認定システムインテグレータに認定されており、 様々なシステムの開発に携わっています。

Rubyアソシエーション認定システムインテグレータとは・・・
Rubyの高い技術を持った企業に対して、Rubyアソシエーションが認定するRuby技術者認定制度です。 認定の条件となるRuby Association Certified Ruby Programmer資格保持者はRuby 技術者としての技術力を公正に評価され、 高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを証明されます。

ゼネットのRuby開発について詳細が気になる方は【こちら】をご覧ください。

また、RubyKaigi Takeout 2021のPlatinum Sponsorになるなど業務外の活動も盛んです。
これ以外にもAIやIoTを利用したシステム開発などの種まきをはじめています。あなたもゼネットで新しい技術の種をまきませんか?

2.EQへの取り組み

SEとはサービス業、ITの専門知識だけでは良いサービスを提供できません。 ゼネットでは長らくIT教育を行い研修で学べることの限界を感じていました。
そこで、“気づき”が学ぶ力を活性化させるのではないかと思い、「EQ」という「感情をコントロール出来る、気づき」の研修を取り入れることにしました。 このEQ研修により、その人の社会人生活と人生をポジティブにし、より良いものに変えることができるのではないかと考えています。 こうして既存のIT研修にEQを取り入れた新しい形の研修システム“Xlabo”を立ち上げました。
その効果としては、各階層へのEQ研修の導入により、職場での雰囲気が良い方向へ変わっていきました。 また、若年者層へのEQ研修・技術研修・チューター制度の導入により、1年目の離職は「0」を3年連続で達成することにもつながりました。 現在では、若年者の離職率0の実績を背景に、同業他社に対しても同様の研修を展開しています。中小企業では、苦労して新入社員を採用したにも関わらず、最初の壁につまずき退職に至るケースは多く、 Xlaboの研修によってそれらの問題点を解決していきたいと思っています。
今後の展開として、EQ×〇〇「EQ×メンタルヘルス」「EQ×安全衛生」「EQ×ケーススタディ」等の各分野のスペシャリストを招いた、 Xlabo公開講座を企画して行く予定です。
戻る