ENTRY

CSR(企業の社会的責任)

CSR

株式会社ゼネットは地域貢献・社会貢献・ダイバーシティ(多様性)の実現に向けて以下のCSR(企業の社会的責任)に取り組んでいます。

1.ボランティア(青年海外協力隊活動)

弊社は開発途上国の通信分野における発展に寄与することを目的として、弊社社員の青年海外協力隊への参加支援を行っています。具体的な制度としては、ボランティア休職制度というものがあります。この制度は弊社に籍を置いたまま、青年海外協力隊に参加し2年間の活動を行うものです。
この制度を利用し2015年1月から2017年1月の2年間、弊社の社員1名がアフリカ・モザンビークへの支援活動を行いました。現地では大学のサーバ構築の活動を行い、現地のインフラ改善に取り組みました。
弊社では海外ボランティアに興味のある学生を積極的に採用しています。
あなたの夢を共に叶えましょう。

2.海外インターンシップ

弊社社員が、海外ボランティア活動の一環として日本からフィリピンの大学へ技術支援を行っています。
日本への就労を希望している卒業生へ日本語やビジネスマナーの指導を現地で行った後、ゼネット本社に招待し2週間のインターンシップを実施しました。
インターンシップでは、午前中はIT技術研修(Webアプリケーション研修)、午後に業務体験としてWebページの作成を行いました。
ゼネットでは技術支援を通して日本と海外の架け橋になれるよう今後も活動していきます。

3.障がい者雇用

弊社では多様性を尊重し、障がいのある方も活躍できる企業を目指しております。
弊社の取り組みとしては、障がい者を積極的に雇用していくことはもちろん、ハローワークと協力し障がい者のためのIT研修を開催しています。
マウスの操作やキーボードの入力等、全くPCに触れてこなかった方でも受講可能な「初心者向けエクセルとワードの基本操作の研修」を実施するなど社会進出支援も行っています。
まだ手探りな状態ではありますが、受講者から高い評価を頂いております。

4.障がい者実習

弊社では、随時障がい者実習の受け入れを行っております。障がいのある方の就職への一歩となる手助けが出来るよう、短期間の実習から進めていきます。実習を行うことで実習生と企業側の「思い」を大切にしております。  

5.障がい者委託訓練

弊社は、公益財団法人 東京しごと財団がハローワークと連携して実施する、障がいのある方のための職業訓練を受託して実施しています。これは、障がいのある方が仕事をする上で役立つ知識や技能を短期間で身に付けることを目的として、企業、民間教育機関、社会福祉法人、NPO法人等、様々な機関に訓練を委託して実施されているものです。 弊社では、2017年度は6月と10月、2018年度は6月に「初心者向けエクセルとワードの基本操作の習得」科を開講しました。訓練期間それぞれ20日間で、受講者の方々は、ワードでは文字入力からビジネス文書作成、エクセルは数字入力から数式や関数の入力などを身につけられました。  

6.女性向け委託訓練

東京都が実施主体となり、求職中の女性がこれまでの経験に加え、新たな知識・技術を身に付け、再就職に役立てられる能力を習得するための職業訓練を受託して実施しています。 なかでも、女性向け委託訓練は、結婚、出産、育児等により退職したのち、再び就職を希望する方を対象にしています。 弊社では、2017年度12月「パソコン実務養成科」(3ヶ月)を開講し、エクセル・ワードの実技訓練や雇用へ向けた就業支援を行いました。
過去の募集案内は、こちらからご覧いただくことができます。

7.地域貢献

地域社会が発展するためには、企業やそこで働く人々が地域づくりに参画することが大切であると私たちは考えています。
弊社では実績として、豊島区が実施しているF1会議に弊社の四元千佐子マネージャーが参加し、リノベーションまちづくり委員に任命されました。
F1会議では「子育て」「まちづくり」「広報」「ワークライフバランス(仕事と家庭の調和)」の班に分かれ、豊島区の現状や他区との比較などを調査、研究し、区長へプラン提案を行いました。
その活動の一つとして豊島区で発行されている雑誌「とっぴぃ」の特集で四元千佐子マネージャが掲載されました。豊島区町会連合支部長と女性や若者に支持されるまちづくりについて対談した際のインタビュー記事が掲載されています。

8.ワークライフバランス

ワーク・ライフ・バランスとは「仕事と生活の調和」という意味であり、仕事にやりがいや充実感を感じるとともに、家庭や地域生活においても個人に合った生き方を実現できることを言います。
弊社では社員が働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでおり、実績として2012年に東京ワークライフバランス認定企業に、2011年に東京ワーク・ライフ・バランス推進企業 休暇取得促進部門を、豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業には計4回の認定をいただいております。
2017年には男性社員の育児参加を推奨する「としまイクボス宣言」に参加し、さらなるワークライフバランスの実現に向け邁進しています。
詳しくはこちらからご覧ください。

戻る